はなのあ流儀

30代独身男が綴るシングルライフ。健康で楽しく丁寧な暮らしを目指しています。

ダイエットに失敗する3つの食習慣が判明!絶対に見直すべき行動パターンとは?

f:id:hananoa:20181113233722j:plain

最近、本格的にもう少し痩せたいと思っているわたしです。

一人暮らしをしていると、ほぼ100%自分の自由に食事をとることもできますし、もちろん、何を食べるのかの選択肢も増えてきますよね。

ところが、家族と暮らしていると、ダイエットを進めることが困難であることに気づきました。とくに問題になるのが食習慣です。

食事のメニューうんぬんの前に、絶対にダイエットに失敗する食習慣を改善する必要があると断言します。

今回は、わたしの体験をもとに、ダイエットに失敗する3つの食習慣と、絶対に見直すべき行動パターンについてお話します。

スポンサーリンク

 

ダイエットに失敗する原因がなぜ解ったのか?

わたしは現在、一人暮らしをしています。残念なことにパートナーになってくれる方は、ま~ったくいません。涙

ですから、普段は自分の納得のいく生活スタイルで生活をしています。ですが、週末の土日のいずれかには、実家の両親に顔を見せに帰っているのですね。

そうすると、普段はわたしが買わないような食べ物が置いてあったり、「これ食べるか?」と出してくれたりするのです。

それに、昔と全然かわらない場所にお菓子が常備してあって、これも自由にとれる状態になっています。笑

お盆や正月は、もっと宴状態になっているのですけど、とにかく食べるものに囲まれた環境であることは間違いありません。

そんな体験をしている中で気づいたのが「実家に顔を出した後は体重が増えている」ということだったのです。

高校生までのわたしは超デブだった。

以前にもお話しましたが、わたしは高校を卒業するまで、一度もやせることなく太り続けました。

当時は、それなりにダイエットにも取り組んだりしたのですが、長続きせず、リバウンドでどんどん増えてしまったのも事実です。

ところが、大人になってから気づいたのは、自分の食習慣や行動パターンが太ってしまう原因そのものだったということです。

それは一人暮らしをするようになってからとのギャップで、すぐに実感できました。

それでは、わたしの体験をもとに、絶対にダイエットに失敗する食習慣や行動パターンを紹介したいと思います。

あくまでも個人的な意見のひとつとして、大らかな気持ちでご覧くださいね。

1.空腹とは関係なしの「つられ食い」

「つられ食い」というのは、家族がいるとよく起こる現象です。

誰かが何かを食べているときに、自分も一緒になってついつい食べてしまうっていうアレですね。

もちろん「よかったら食べる?」なんて誘われて、それで食べてしまったというのも同じことです。

つられ食いって、自分の空腹感とは関係なく、なんとなくで食べてしまうんですよね。

下手をすると「何だか食べすぎたなぁ」なんて感じることもあるくらいです。

これはいけません!ダイエットとは真逆の路線に突入しています。つられ食いは断固として止めないと確実に太る体質になると言えます。

2.途切れることのない「だらだら食い」

「だらだら食い」というのは、太るために用意された食習慣だと思っています。

食事の時間というような意識や区切りをもたずに、テレビや動画、スマホなどを主役にダラダラ、だらだら、いつまでも何かを食べながら時間を過ごす習慣です。

例えば、極端な話ですが、大みそかなどに、お寿司やらオードブルやらをテーブルいっぱいに並べて、夕方17時くらいから、年越しまでず~っと、何かしらを食べられる状態になっているのと同じことですよね。

だらだら食いも、食べている実感はあるのですが、お腹がいっぱいになったこととか、どれくらいの量を食べているのかとか、こういう感覚がマヒしてくるように感じます。

だらだら食いは太っちょ街道まっしぐら間違いなしです。

3.完全なる悪習慣「タイミング食い」

「タイミング食い」はわたしの造語ですが、これはもはや喫煙と同じようなものです。

何かの行動のタイミングで食べてしまうという超悪習慣です。

例えば、仕事から帰ってきたら、とりあえずお菓子の袋を開封!とか、食後のデザートがっつり習慣とか、仕事で電話を1本とったら、ご褒美のチョコレートとか。

これは気づかずにやってしまっている人も多いと思います。わたしもまさにそれでした。汗

何かの行動をきっかけに、ワンセットで食べる習慣がついてしまうと、もはや生活の一部になってしまっていることが多いんですよね。

これはなかなか手強い!

禁煙をしてみてわかったのですが、いつもやっていることが急に禁止されると、想像以上に苦痛だったり、イライラしたりするものです。

ですから、ダイエットは食事制限のカロリー計算ばかりでなく、食習慣の見直しが絶対に必要になります。

極端な食事制限をする前に、自分の食習慣や何かを食べるタイミング、行動パターンを見直してみるのも効果的だと思いますよ!

それと、ガチな話ですが、太る理由は「運動量よりも、食っている量が多いから」これに尽きます。大抵は、どこかでエネルギー補充しすぎていることが多いのだと思います。

ということで、今回は、ダイエットに失敗する3つの食習慣についてお話しました。

みなさんは、わたしの失敗談のような食習慣になっていませんか?これを改善するだけでも、体重に変化が出てきますよ!

今回の記事がみなさんの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク