はなのあ流儀

30代独身男が綴るシングルライフ。健康で楽しく丁寧な暮らしを目指しています。

30代の独身男が鳥肌がほどに大感動した瞬間!誰も言葉一つ発しないのに心がひとつになった。

f:id:hananoa:20180923132350j:plain

感動や感激という言葉は世に溢れていますが、それを心の底から体験できることって、なかなかありませんでした。

もちろん「嬉しい」「楽しい」「ありがたい」「よかったなぁ」という気持ちなることはありますが、鳥肌が立つほどの経験は記憶にないのですね。

ところが、昨日、不意にそんな瞬間が訪れました!

今回は、30代の独身男が思わず鳥肌がたつほどに大感動した瞬間についてお話します。

スポンサーリンク

 

感動は一人の世界では100%起こり得ない!

感動や感激というと、ちょっと大げさに感じたり、胡散臭く感じたりする自分がいました。悲しくて涙することはありますし、大笑いして涙が出たこともあります。

だけど、感動して涙が出るって、どんな感情なのだろうと、人にも言えず抱えていたことなのですね。

だけど、今回の体験でいろんなことが1本の線につながったような気がしています。

感動や感激は、殻にこもった自分だけの世界では、絶対に起こり得ないということです。

その瞬間に至るまでの経過した時間や、自分の体験、人との関わりがあるからこそ、想像をこえたエネルギーが集まってくるのだと思います。

すべてが綺麗に聞こえるような体験や良いことばかりではなく、つらかったり、かなしかったり、苦労したり、イヤだったり。

人間界では避けて通れない、人との関わりの中で感じていることすべてが、人を、そして人生を育んでいるのだなぁと実感しました。

まさかの筋トレ。無言のラストレッスンで起こった奇跡!

昨日は、わたしがずっと通っている、筋トレのスタジオレッスンの日でした。

実は、1ヶ月前に告知があったのですが、立ち上げ当初から担当してくれていた先生のラストレッスンの日だったのですね。

開始当初は、本当に人が集まらなくて、運営側も困り果てるほどの閑散っぷり。スタジオは広いのに受講生が数人しかおらず、ほぼマンツーマン状態・・・。

それが、5年たった今では、レッスンの朝に順番取りをしなければ、いけないくらいの大盛況クラスとなりました。

わたしが参加している「Body Pump」というクラスは、バーベルを使った体感トレーニングを行います。45分間で7種目、曲に合わせてトレーニングをしていきます。

一見、シンプルな動きが多いように感じますが、とにかく繰り返す回数が多く、1曲が約5分とは言えキツイ種目も多いです。

慣れてくると、曲がかかった瞬間に「うわぁ・・・キツイやつだぁ」と、わかり切ってしまうくらいになってきます。笑

さてさて。

ラストレッスンも、いつもと同じように、何が変わることもなくスタートしました。

さすがに選曲は先生らしさがよく出ていました。笑

どれも曲はよいのですけど、とにかくキツイ!!もちろん、先生は全力で応援して(煽って)くれますw

その中でも、とにかくきつくて、曲のイントロだけで会場がどよめくほどの「Dangerous」。タイトル通り、とってもデンジャラスな足のトレーニングなのですね。笑

わたしのエリアでは、途中で挫折する方もいますし、はじめての参加でこの曲に当たると、次からは来なくなる人もいます。笑

ところが、最終日は違いました!

誰一人が挫折、断念することもなく、手を緩めることなく、弱音を発することもなく無言でやりぬきました!

若くても、中年でも、年配でも関係ありません。全員みんながやりきりました。それだけでもスゴイ!!(今日はいつもとは違う)

もちろん、わたしも満面の笑みでやり抜きましたよ~。「ツライときは笑顔!」これが先生の教えですw

そして、すべての曲が終わり、いつものように締めのあいさつが終わろうとした瞬間、誰の合図があったわけでもなく、全員の大拍手が先生を包みました。

もちろん、わたしもとびっきりの大拍手を送りましたよ!

いつまでも、いつまでも鳴りやむことのない大拍手です!わたしはスタジオが割れるんじゃないかと感じました。

普段は少しばかりのあいさつを交わす程度の大人の集団が、全員同じ気持ちで、先生にありがとうを伝えている。これまでの感謝の思いを伝えている。

スタジオは鳥肌が立つほどのパワーに満ちていました。これまでに体験したことのない、この空気感をどう表現したらよいのかわらりません。とにかくスゴかった!汗

レッスンコーチとして人の前で演じるだけの先生ではなくて、受講生の心をしっかりとつかんで、最後には受講生全員が先生のファンになっていたのだと思います。

こんな何もない街に、ゼロからのスタートでここまで人を集め、こんなに楽しい時間とスポーツのきっかけを作ってくださった先生を、心から尊敬してますし、本当に感謝しています。

先生!5年間、本当にありがとう!!すっごく楽しかった~♪

ということで、今回は、わたしが鳥肌が立つほどに感動した瞬間についてお話しました。

本や映画、ドラマに負けないくらい、日常のひとコマってドラマチックだったりしますよね。

毎日、毎日、ドラマチックを求めていくわけにはいきませんが、人との関わり、人とのつながりって、まだまだ捨てたもんじゃないなぁと思えました。笑

運動やスポーツをきっかけに、こんな体験ができるなんて想像もしていませんでしたから、自分でもびっくりしている、今日この頃です。

スポンサーリンク