はなのあ流儀

30代独身男が綴るシングルライフ。健康で楽しく丁寧な暮らしを目指しています。

ヒゲ脱毛して本当によかった!料金や費用、プランや回数など失敗しないお店選びのポイント!

f:id:hananoa:20181120204122j:plain

わたしが過去に自分に掛けたお金で大きかったのはヒゲ脱毛です。

実際に施術を受けたは20代の終わりでしたが、おかげさまで、現在でも脱毛効果を十分に実感できています。

とにかく、わたしが嫌でたまらなかった「青髭」とおさらばできたのは、心底うれしいことですし、かみそり負けして肌があれることもなくなりました。

最近は男性でも脱毛を経験している方が多くなってきましたが、ヒゲのレーザー脱毛はどれくらいの費用や料金なのでしょうか?

また、プランや回数施術期間などを含めて、わたしの経験をもとに、失敗しないお店選びのポイントと事前の心得をお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

レーザー脱毛は永久脱毛とは言い切れない!

わたしがレーザー脱毛を決意したのは、20代の終わり。

仕事から帰るときの電車で、窓に映る自分の顔を見たときに愕然としたのがきっかけです。

とてもくたびれた表情で、口周りからあごにかけては青髭状態。うんざりするほどの老け顔を目の当たりにして、これまで過ごしてきた時間を恨むほどでした。汗

毎週末には、毛抜きで1本1本ひげを抜き、何時間もかけてツルツルにしていたことを思い出します。

ですが、ヒゲって忌々しいほどの生命力をもっていて、必ずと言っていいほど生えそろってくるんですよね。

そこで、思い切ってレーザー脱毛を決意した次第です。

実際の施術の前にカウンセリングと事前診療を受け、施術可能という結果になりましので、チャレンジしたのですが、そのときには先生から、きちんと断言されました。

レーザー脱毛をしたからといって、永久脱毛になるとは限りません

そうなんです。これ、実際に脱毛が完了したからわかることなのですが、レーザー脱毛って、一律、顔全体に効果があるかというと、そうではないんですよね。

何度か施術を受けているうちに、生えてこなくなる部分と、効果はあるものの完全には無くならない部分とが出てくるんです。

私の場合は、施術完了から5年以上たっていると思いますが、鼻の下は完全につるつる。放って置いても2、3本ヒゲが生えてくるくらいです。

ですが、あごは非常にまばらにヒゲが生えてきますし、周期はすっごく遅いですが、頬などはポツポツと生えてくる感じです。

ただ、すごくわかりやすく出てきますから、ピンセットでちょちょいと抜いてしまうくらいで十分です。

ヒゲ脱毛(レーザー脱毛)の料金はどれくらい?

ヒゲのレーザー脱毛をするときは、どれくらいの料金がかかるのか?これって、とても重要なことですよね。

ここで注意してほしいポイントがあります。

ヒゲ脱毛は「顔全体」の扱いになっているお店と、「鼻下」「あご」などのように部分ごとの扱いになっているお店があるという点です。

もちろん、デザイン脱毛のように「部分でここだけ脱毛したい」という方もいらっしゃると思いますが、わたしは「すべてのヒゲ」を脱毛して欲しかったのですね。

ですから、部分の料金プランを組み合わせると、ビックリするくらい高額になることもあって、そこで話はおしまいになってしまうことも多いものです。

それと合わせて、1回ごとの支払いか、まとめ一括払いかという点も問題です。

まとめて払いになってしまうと、〇〇万円がドカンと持っていかれていまいますから、非常に大きな問題ですよね。

しかも、回数制限付きだった場合は、早くに施術が完了した場合、もしくは、延長になった場合に困ります。

ですから、わたしは1回ごとの支払い(都度払い)のお店を選びました。

わたしの場合でお話しますね。

わたしが利用したお店では、1回目~5回目までが、12,960円。6回目~10回目までが6,480円。それ以降は1回につき4,320円です。

レーザー脱毛の効果は、ヒゲの濃さや、ヒゲの太さなど、個人差があり、効果がでてくるのも「やってみないとわからない」のが実情だと思います。

「早いと10回くらいで完了しますし、そうでない方は20回、30回来られる方もいます。」

そのように説明を受けましたので、早く完了することを願って都度払いを選びました。

ちなみに、わたしは20回で完了となりました。無駄に延長されたのではなく「これ以上は現段階では変化がない」と先生からお話があったからです。

ヒゲ脱毛は短期間では完了しない!長期戦は必須。

ヒゲのレーザー脱毛は1回では完了しません。

レーザー脱毛を1回受けると、ヒゲの生え変わり周期(毛周期)に合わせて、6週間後以降に次の施術が必要になります。

これを繰り返して、生えてこなくなったり、薄くなったり、自分で「これだ!」と思える結果がでるまで施術を受けていくという感じです。

それと、日差しが強くなる季節はレーザー脱毛を積極的に受けることができません。

日焼けしている肌がよくないのだと思います。わたしが受けたレーザー脱毛は黒い部分に反応するレーザーだと説明をうけました。ですから「脱毛中は日焼けしないでくださいね」と厳しく指導をうけましたね~。

それと、治療後は肌がダメージを受けてしまいますから、季節によっては、トラブルが起こらないように施術のタイミングをずらしたり、時間帯や紫外線対策が必要になります。

私の場合は、たしか6週間後から次回の予約ができたように記憶しています。

ですから、6週間×20回で計算して、だいたい120週くらいで施術が完了したことになりますね。何だかんだで2年半くらいかな?

ヒゲのレーザー脱毛中に覚悟すべき3つのこと。

ヒゲのレーザー脱毛を受けだすと、途中での離脱は基本的はしないと思います。お金もかかっていますしね。笑

ですが、期間中に覚悟しておかないといけないことが3つあります。

1.基本的に意図的な日焼けは禁止。

まずは、意図的に日焼けして黒くなるのは禁止です。

レーザー脱毛するときの、レーザーの種類にもよると思いますが、わたしが施術を受けたところでは、最初に厳しく指導を受けます。

ですから、海や川や山など、アウトドア派の方は、よく相談をして方針を検討するのが良いと思います。

2.ヒゲがまだらになる

これが本当にくせ者!レーザー脱毛では、一律に同じペースでヒゲが薄くなったり、無くなったりはしません。

ヒゲの密度が高い場所なんかでは、ちょうど小指の指先を当てたような円形に、ヒゲが生えてこなくなったり、うすくなったりして、まだらな状態になるのですね。

とくに施術を開始して、まだヒゲの密度や太さがしっかりとしているときに起こりやすいです。

こればっかりは、先生にもどうしようもないので、我慢が必要になります。

3.場合によっては毛穴がニキビのようになる。

レーザー脱毛を受けると、人によっては毛穴が炎症を起こしてニキビのようになることがあります。

わたしはひとつもできませんでしたが、炎症が起きてしまった場合は、治療が必要になりますよね。

勝手につぶしたり、薬をぬったりせずに、お医者さんに診てもらうことが大切です。

レーザー脱毛はどこで受けるのがベスト?

ここが最後に大問題ですよね。

わたしもメンズエステや脱毛サロンの資料をあつめたり、問い合わせをしたり、紹介カード(無料体験)などももらったりしました。

ですが、どこも高額であったことと、何かあったときに治療ができるのか?という不安があったのですね。

そこで、見つけたのが皮膚科での施術です。

シミ消しやほくろ消しなどの施術をおこなっているお医者さんが、レーザー脱毛もやっていて、しかも、メンズひげ脱毛はキャンペーン中だったんです。笑

ですから、わたしは最初の5回分が9,720円で済んでいるんですね。ラッキ~!

ところが、新潟市といえども広くて、わたしは片道1時間くらいかかる医院に通うことになりました。だけど、とても良くしてもらいましたから感謝しています。

それと、退治なポイント!レーザー脱毛は、皮膚科で施術を受けても保険適用外です。この点も盲点になりやすいですから、お伝えしておきますね。

ということで、今回は、わたしの体験をもとにヒゲ脱毛についてお話しました。

ひげ脱毛については、もう少しお話したいことがありますから、また後日、続きを紹介したいと思います。

ひげ脱毛が完了すると、髭剃りの手間は省けますし、髭剃り(かみそり)を買うこともうんと少なくなりますよ。もちろん、かみそり負けすることもなくなりますね。

今回の記事がみなさんの参考になればうれしいです。

スポンサーリンク