はなのあ流儀

30代独身男が綴るシングルライフ。健康で楽しく丁寧な暮らしを目指しています。

ダイエット中でも食べてOK!低糖質な豆乳アイス「SUNAO」を食べてみた感想。

f:id:hananoa:20181220231803j:plain

ダイエット中や低糖質な食生活を心がけていても、どうしても食べたくなってしまうのがおやつですよね。

わたしは夏でも冬でもアイスが大好き!とくに、仕事終わりのご褒美にどうしても食べたくなることがあるんです。笑

ですが、ダイエットにとっては大敵、天敵、代表クラスです。

糖質も高いですし、カロリーも高め。ダメだと思っていても美味しさを知っているから困るんですよね。汗

ところが、今日、スーパーで見つけた「SUNAO」(スナオ)という豆乳アイスは、どうやら話が違うようなのです。

今回は、ダイエット中でも食べられる豆乳アイス「SUNAO」が優れている点と、食べてみた感想についてお話します。

スポンサーリンク

 

豆乳アイス「SUNAO」は優れもの!

さてさて。今回みつけた豆乳アイス「SUNAO」。

パッケージを見ただけでも、思わず手にとってしまいそうな「糖質50%オフ」の文字が心をくすぐりました。笑

栄養成分表示を見てみると、糖質は8.8gとなっていました。これは、他のアイスと比べてもかなり低いんですよね。

他のカップアイスなんかだと、1つあたり20g~30gくらいあるんじゃないかと思います。糖質50%オフはとても大きいメリットだと言えます。

さらに、SUNAOの1個当たりのカロリーは80kcalですから、これも嬉しい!ダイエット中のおやつとしても、十分に許される範囲だと思います。(←わたしの場合)

砂糖不使用!食物繊維もたっぷり。

f:id:hananoa:20181220231817j:plain

SUNAOは砂糖不使用のアイスです。(※ただし、人口甘味料は使われています。)

ダイエット中にも食べてOKかなと思えた理由のひとつはこれなんですよね。

なんだかんだいって、糖質が高いものを好んで食べていると、太りやすいというのは間違いないと実感しています。

ですから、砂糖不使用というのは、とっても嬉しいメリットのひとつといえます。

さらに、SUNAOには食物繊維が11.8gも含まれています!

なんで、アイスに食物繊維が!?と思ったのですが、おやつ代わりに食べたとしても、食物繊維が11gもとれるのであれば、これはラッキーだと思ってしまいました。

もちろん、野菜の代わりに食べるというのはいけませんが、気休め程度でも不足しがちな食物繊維の足しになるのであれば嬉しいですよね。

昨日もお話しましたが、食物繊維は大事です。

豆乳アイスSUNAOを食べてみた!

f:id:hananoa:20181220231841j:plain

SUNAOは、低糖質で低カロリーな豆乳アイス。これはパッケージを見てもわかります。

ですが、ここまでダイエットにも嬉しいことが多いとなると、味はどうなのか、美味しいのかが大問題ですよね。

そこで、さっそく食べてみました。

まず、大きさは、袋の大きさのわりにやや小ぶり。ふだん目にするソフトクリームよりは、大分ちいさい印象をうけました。

でもね。この大きさの件は、低糖質、低カロリーをうたっているのですから、ある程度は仕方ない部分ですよね。十分、許せる大きさだと思います。

さて。お味です。

とってもやさしい豆乳の風味があって、バニラの香りもよくあっています。

豆乳臭さはありませんし、ガッツリ濃い味のアイスではありません。「やさしい味」という表現があっていると思いました。

後味はいつまでも残らず、甘さも一瞬あるのですが、すっと消えていく感じがします。後味スッキリタイプなアイスで、わたしは素直においしいと感じました!

ですが、スーパーカップなどに慣れている方には、薄味に感じると思います。SUNAOはパンチが効いた味ではありませんから。笑

それにしても、低糖質で低カロリーを実現して、ここまでおいしいアイスが作れるなんて、正直おどろきました。

低糖質というと、ブランパンの印象が強かったので「確かにパンではあるけれどスカスカな感じ」みたいな、そういうアイスなのかなぁと思っていました。

ですが、SUNAOはかなり健闘していると思います!

そうそう。今回はバニラ味を選んだのですが、抹茶味もあるみたいなので、近いうちに食べてみようと思います。

結論として、わたしはSUNAOをリピート購入確定です!

わたしの近所のスーパーは、毎日、アイスは定価の40%になっていますから、結構お得に買えるのも嬉しいですw

ということで、今回はダイエット中でも食べられる豆乳アイスについてお話しました。

ダイエット中や低糖質な食べものに心がけている中でも、甘いものが欲しくなることってありますよね。

我慢も大事なのですが、あまりにもプレッシャーをかけすぎたり、ストイックになりすぎると、反動でドカ食いになってしまうこともあります。

ペース配分をみながら、上手にあまいものも摂取できたら良いですよね。

今回の記事がみなさんの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク